銀行カードローンの危険な返済方式

銀行カードローン 残高スライド方式の危険性

銀行カードローンの返済方式は昔ながらの元利均等方式から残高スライド方式が主流になっています。
残高スライド方式とは、返済期間を特別定めず、残高に応じて月々の最低金額を返済しておけばいいといった方式です。
実はこれは危険な返済方式という事を理解しないといけません。

カードローン規定には、1年から5年(各社によって差がある)の契約期間が定められています。
契約期間は延長される事が多いのですが、実は他社からの借入や他社債務が延滞がちなどの些細な理由で契約更新されずといった事があります。
つまり、残高スライド方式でゆっくり返していくつもりが、1年間で完済を求められる事があるのです。

完済できる資金がない場合は、当然保証会社に代位弁済されますので、破産者となりますからくれぐれも気を付けて下さい。