消費者金融から借りられて助かった思い出

引き落としは次回になるだろうと思いながらクレジットカードで購入した商品の代金が一ヶ月早く引き落とされると判り焦ったことがありました。引き落としに使っている口座の残高では足りないのは明らかだったからです。銀行のキャッシングを利用して不足しているお金を借りることも考えましたが私はパート勤めなので審査に通るか不明でした。

なにより引き落とし日が迫っていてお金だけではなく時間も足りなかったのです。そこで私が最後の手段としてとったのは消費者金融に申し込んでみることでした。消費者金融に抵抗が無いわけではありませんでしたが、そんなことを言っていられる場合ではありませんでした。

パート先に消費者金融のキャッシングを利用しているオバさんがいたことも私が消費者金融を選んだ利用のひとつになります。そんなに心配しなくても大丈夫だろうと思い消費者金融の自動契約機の置かれている無人店舗に行きました。緊張しましたがスピーカーから聞こえてくる案内の通りに手続きをすすめました。

すべての手続きが完了して少し待たされたあと審査に通ったと案内され機械からキャッシングに使うカードが発行されました。自動契約機械の隣りにはATMもあったので発行されたばかりのキャッシングカードを使ってその場でお金を借りることもできました。無人店舗を出るときはお金を借りることのできた安心感でいっぱいでした。以前は消費者金融に抵抗のあった私も今ではそのような抵抗はなく必要に応じてキャッシングを利用させてもらっています。