キャッシングで失敗しがちなことは?

キャッシング方法としては、銀行のカードローンやフリーローン、消費者金融のキャッシングローン、そしてクレジットカードのキャッシング枠があります。

銀行や消費者金融の場合、利用限度枠内での借り入れや返済となり、返済に気を付ければ問題はあまりありません。

しかしながら、クレジットカードのキャッシング枠の場合、ショッピング枠とキャッシング枠が共通の限度枠内になっています。

例えば、ショッピング枠が30万円でキャッシング枠が10万円の場合、キャッシングを上限まで利用するとショッピング枠は20万円しか使えません。

公共料金や家賃、携帯料金をクレジットカードで支払っている場合、キャッシング枠の利用は要注意です。

特に携帯料金が利用可能残高の不足で引き落としが出来ない場合、端末の割賦購入代金が支払えないことになります。

短期の遅延であれば、大きな金融事故とはならないものの、頻繁に発生する方は少なからず信用度の低下に繋がってしまいます。

先ずは、クレジットカードの場合、利用可能残高に注意することをオススメします。