金利面で消費者金融を比べるのはあまり意味はない理由

消費者金融は金利がほとんど差がありません。

金利面で見ていてもおおよそ大手消費者金融はほんの0.数パーセントレベルでしか変化がないところが多く、中小企業と大手を比較することになったとしても、せいぜい2パーセントくらいしか差がありません。

しかも、適用される金利というのは大半が設定されている上限レベルの金利でしかありませんから、多くの方にとってはせいぜい2パーセントくらいしか金利の差というのはないことになります。

ですので、基本的には金利という面では消費者金融同士でほとんどがないことになりますので、そのほかの利便性やサービス面で消費者金融を選んだほうが賢く自分にあった消費者金融を選べるのではないかと思われます。